引越し費用を抑えるポイント|ハイシーズンを避ける

作業者

色々なトラブル

作業員

引越し業者に依頼して引越し作業をする場合には、丁寧かつ格安な業者を利用したいものです。しかし、引越し作業中には色々なトラブルが付き物です。不安な場合には、サービス内容や保証内容の把握も行っておきましょう。

もっと見る

把握しておこう

男女

引越しサービス業者の利用を考えている場合には、メリットやデメリットについて把握しておくことが大切です。特に格安を打ち出している業者はデメリットがあるかもしれません。

もっと見る

方法をしっておく

ダンボール

引越しの価格というのは決まっていない

郵便や宅急便では荷物の重さ・大きさや距離によって決まった価格というものがあります。そのため、引越しにも決まった価格があるものと思い込みがちですが、実は引越しには決まった価格がないのです。極端な話、赤字になるほどの格安料金でも、「その日は仕事がまったく入っていなくてトラックも人員もたくさん余っているので格安料金でもいいから仕事を取りたい」といったような事情ならば、業者は仕事をうけてくれるのです。逆に、繁忙期はかなり高い費用を提示されてしまいます。シーズンでいうならば、3月4月の引越しシーズンと、9月の転勤シーズンなどです。暇な時期と比べて、繁忙期は料金が2倍以上になることもあります。同じ月でも、賃貸契約の2重払いを避けるために、月末に引越しが集中します。こういった繁忙期はできるだけ避けることが安く引越しをするコツです。

格安で見積もりをとるために

引越し業者には、大手・中堅・地域密着型の中小会社など様々なタイプがあります。大手はサービスが手厚く安心できるのが特徴ですが、クレーム対応や宣伝広告に力を入れているので価格が割高になる傾向があります。一方で、中小は、サービスでは大手にかないませんが、価格が安いことをウリにしているところが多いです。格安での引越しを希望なら、地域密着型の中小会社がお勧めです。地元の事情に詳しく、小回りがきき、費用を安くしたいという相談にものってくれるところが多いです。 格安で引越しをするためには、交渉が大切です。他社の見積もりをみせて価格交渉することも大事ですが、それ以外にも、「自分も引越しを手伝います」とか、「荷物は全て玄関先に運んでおきます」などと交渉することで、作業員の数を減らせて価格を大幅に減らせることもあります。必ずこのような交渉に応じてくれるとは限らないですが、諦めずに複数の業者と交渉してみることが格安で引越すためには重要です。

小型ピアノを運ぶ

男の人

引越しをする際にアップライトピアノも一緒に新居へと運ぶという家庭も多いでしょう。新居に運ぶ際、場合によってはクレーンを使うこともありますので、そういった際は別料金がかかる可能性があります。

もっと見る